ヴィトックスαの効果を暴露します。効果的な飲み方もここだけ伝授!ヴィトックスαを始める前に読みたいサイト

ヴィトックスαの副作用の心配は無し?メイン成分のアミノ酸

ヴィトックスαを飲用の際に副作用が出るかについて調べました。

その結果わかったことは、飲用量を守っていれば副作用を起こす可能性はほぼないということ。

 

ですが〝ほぼ〟なので、決して副作用を起こす可能性はゼロではないんです。

 

rapture_20160602101640

 

ヴィトックスαで副作用をほとんど起こさない理由

副作用を起こす可能性が低いのは、ヴィトックスαに含まれている成分が天然成分だからです。

 

ヴィトックスαの主成分であるシトルリン。

これは血行を促進する効果があります。

そしてこのシトルリンとはアミノ酸であり、主にスイカに含まれている「天然成分」です。

 

rapture_20160602101725

 

この天然成分は副作用を起こす可能性が低く安全性も高いんですよ。

そして他の成分ではアルギニン。

これもアミノ酸の一種であり、シトルリン同様に副作用を起こす可能性は限りなく低いのです。

 

ちなみにアルギニンは成長ホルモンを促進する効果があります。

そして何故アミノ酸は副作用を起こす可能性が低いのか?

 

天然成分だからというだけでは、ちょっと説得力がないですよね。

なのでその理由を説明します。

 

実は私達人間の身体を作っている成分でアミノ酸があるんですよ。

人間の身体は60%が水分、そして20%がアミノ酸で構成されています。

 

シトルリンやアルギニンは同じアミノ酸なので、身体に取り入れても特に異常をきたすことがありません。

こういう理由から安全性が高いとされているんです。

 

確立は低いが副作用が出る可能性はある

アミノ酸を過剰摂取した場合は、副作用を起こす可能性があります。

 

でもちょっとくらいの過剰摂取であれば、体内から自然と排出される仕組みなんです。

しかしこれを長期的に過剰摂取した場合には、腎臓の負担になる可能性があるんですね。

 

もしも腎臓に負担をかけてしまったら血流が悪くなります。

腎臓には汚れた血液をキレイにする働きがあるのですが、その働きが弱くなってしまいます。

 

そうすると血液がドロドロになってしまい血流を悪くしてしまうんですよ。

シトルリンは本来血行を促進してくれるのに、長期的に過剰摂取すると逆効果になってしまうんです。

 

なのでヴィトックスαを過剰摂取しても何一つイイ事はない!

おわかりいただけましたでしょうか。

 

ヴィトックスαは毎日適量を飲むことで、効果を最大限発揮します。

ちなみに適量とは、1日2粒ですのでお忘れなく。